Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

東京スカイツリーの展望デッキと回廊の違いは?価格と展望の特徴についても!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京スカイツリーの展望デッキと展望回廊の違いってなんだか知っていますか?

値段は結構違いますし、どっちに行ったらいいのか考えますよね。

この記事では、東京スカイツリーの入場価格と、チケットの買い方、展望デッキと展望回廊の違いと特徴についてまとめました。

是非参考にしてみてくださいね!



東京スカイツリーの展望デッキと回廊の違い

展望デッキ:地上から350m地点の展望台

展望回廊:地上から450m地点の展望台

天望デッキ(第1展望台)の特徴

フロア340 :「SKYTREE CAFE」、「ガラス床」
フロア345 :「Sky Restaurant 634(MUSASHI)」、「THE SKYTREE SHOP」
フロア350 :「SKYTREE CAFE」、「パノラマスクリーン」、「東京時空ナビ」、「江戸一目図屏風」の複製パネル

天望回廊(第2展望台)の特徴

なにより展望が魅力です。

フロア445・450でチューブ型でガラス張りの回廊が続き、まるで空中を散歩しているような感覚を味わいながら、

フロア445からタワーで最も高いフロア450へ行けます。

フロア445 :「天望回廊」
フロア450 :「天望回廊」、「ソラカラポイント」








どちらがいいかは、展望回廊まで行くのがオススメです。

展望デッキは360°見づらいです。

正確には、レストランに入らないと見れない景色があります。

展望デッキに向かうエレベーターはガラス張りでなく、外が見えません。

しかも展望デッキは人が多すぎてとても落ち着いた雰囲気ではありません。

しかし展望回廊なら360°とりまく名の通りの回廊があるのでどの景色も望むことができます。

人も、私が夏休みに入った時もそれほど多くはなかったですし、景色が別格です。

やはり100mの違いというのは大きいようです。

とりあえず、展望デッキまで行ってみて、さらに上に行ってみたいと思えば、展望回廊まで行ってみるといいと思います。








東京スカイツリーの展望デッキと回廊の価格

現地、WEB、セブン-イレブン販売(セブンチケット)で購入することが可能です。

チケットの購入はこちら

事前に日時指定券をWEBかセブンチケットで購入すると、当日券より安いのでおすすめです。

【日時指定券】展望デッキの価格

【平日】

大人:1,800円

中人(高校生/中学生):1,400円

小人(小学生):850円

【休日】

大人:2000円

中人(高校生/中学生):1500円

小人(小学生):900円

【日時指定券】セット券 天望デッキ(350m)+天望回廊(450m)

【平日】

大人:2,700円

中人(高校生/中学生):2,150円

小人(小学生):1,300円

【休日】
大人:3,000円

中人(高校生/中学生):2,350円

小人(小学生):1,400円

※5歳以下は無料です。6歳で未就学の場合も無料です。
※12歳で小学生の場合は小人料金です。
※18歳以上で高校生の場合は中人料金です。








入場当日に東京スカイツリー4階チケットカウンターでご購入いただけます。

【当日券】展望デッキの価格

【平日】

大人:2,100円

中人(高校生/中学生):1,550円

小人(小学生):950円

【休日】
大人:2,300円

中人(高校生/中学生):1,650円

小人(小学生):1,000円

【当日券】セット券 天望デッキ(350m)+天望回廊(450m)

【平日】

大人:3,100円

中人(高校生/中学生):2,350円

小人(小学生):1,450円

【休日】

大人:3,400円

中人(高校生/中学生):2,550円

小人(小学生):1,550円

展望回廊のチケットは事前に購入できない

東京スカイツリー天望回廊(450m)の当日券は、天望デッキ(350m)のチケットカウンターで販売しています。

小さい子どもがいたり、チケットカウンターで並びたくないので、

事前に日時指定券で購入しておきたいところですが、当日券しかなく入場には展望デッキのチケットが必要です。

 

ツアー等の日時指定券でも当日券でも天望デッキで買う事になります。

平日でしたら10~15分以内で登れる事がほとんどですが、休日やクリスマスなどは20分以上かかるかもしれません。

実際、ツアーで天望回廊まで登るのを断念した方もいらっしゃいます。








まとめ

展望デッキ:地上から350m地点の展望台
展望回廊:地上から450m地点の展望台

展望回廊までは価格が高いですが、景色が最高なのでいく価値はあると思います。

ただ、展望回廊は当日券しかないので、事前にセット券でWEB購入しておいた方がいいでしょう。

次へ⇒うんこミュージアム横浜のオープン日/時間と場所は?チケット購入方法と料金について!

コメントを残す

*