Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ラジオ体操は効果なし?効果的なやり方と時間は朝以外でもOKか調べてみた結果も!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を簡単にまとめると・・・

✔ ラジオ体操第一と第二を継続的におこないましょう

✔ 朝昼夕1日3回おこなうのベストです

✔ 足の先から指の先まで体に意識を向けながらおこないます

 ラジオ体操は効果なしって本当?

小学生の頃、夏休みになると近くの広場に集まってやっていたラジオ体操。

あの頃はなかば強制的にやっていたのですが、大人になってその効果の絶大さに気づいて驚きました。

ラジオ体操を毎日おこなっても特に効果がないと感じている人もいるようですが、もちろんダラダラとやっていては効果がないどころか時間の無駄です。

「伸ばすところをしっかり伸ばす」

「緩急をつけて動かす」

「呼吸を意識する」

・・・など、より効果を実感するために、たくさんの意識するポイントがあります。

今、ラジオ体操を定期的にしているのに、特に効果が感じられないと思っている方は、間違った方法でラジオ体操に取り組んでいるのかもしれません。

正しい方法で、ラジオ体操をすることによって、健康的な毎日を過ごしていきましょう。



 ラジオ体操が体や心に与える影響

ラジオ体操は、お金をかけずに誰でもどこでも簡単にできる、優秀な体操です。

ラジオ体操のことを知れば知るほど、お金をかけてジムに通うより、タダでできるラジオ体操を毎日やった方がいいと思うようになるでしょう。

 

腕、指、足、頭、首、腰、つま先、呼吸、など体の1部分ごとを丹念に意識しながらおこなうと、体の変化に敏感になり昨日の体との違いがすぐに分かるようになります。

「今日は、足が少し張っているな」

「今日は、いつもより肩が上がらない」

「今日は、首が少し痛いな」

こういったことを感じるようになったら、もうあなたは一人前のラジオ体操マスターです(笑)

体の変化に敏感になることで、病気などの早期発見に繋がることもあります。



そして、ラジオ体操は体を鍛えるだけでなく、心にもいい作用をもたらす体操です。

ラジオ体操は、呼吸を意識してするものです。

鼻から吸って口から吐く

ちゃんと意識してやっていますか?

これを意識するだけで、今までやっていたラジオ体操より格段と効果が上がります。

体を曲げる時は口から少しづつ息を吐き、上体を上げるときは鼻から息を吸う。

これを繰り返します。ラジオ体操がきつい人でもこの呼吸を意識してやってみてください。

 

こうして新しい空気を吸って吐くことで、体に酸素が循環します。

体の細胞が入れ替わるには、酸素が必要です。

仕事が忙しかったり、スマホばかり見ている人は呼吸が浅い傾向にあります。

ラジオ体操をおこなう時だけでも呼吸を意識してしてみてくださいね。

”鼻から吸って口から吐く”を実行するだけでも副交感神経が優位になりリラックス効果がありますよ。



また、ラジオ体操は音楽に合わせておこないますよね。
この音楽に合わせて体操をするというのも、とても身体的にいいんです。

リズムに合わせて体を動かすのは、認知症予防にもいいのです。

まだ、若い人には認知症はまだ心配ないなと思っている人もいると思いますが、若年性認知症になる人もいます。

今から予防していきましょう。

【 リズム運動 】

ダンスのように、音楽に合わせながら身体を動かす知的活動は認知症の危険度が大きく低下するといわれています。また有酸素運動も危険度が低下するといわれています。

リズム体操は【有酸素運動】と【知的活動】の両方の要素を兼ね備えた、脳の健康におススメのエクササイズです。

引用:こころ・からだ・すこやか体操企画

 ラジオ体操の効果的なやり方と時間帯

ラジオ体操は毎日継続的に行いましょう。

続けることが大切です。

ラジオ体操で皆さんが知っているのは第一と第二だと思いますが実は第十三まであります。

基本的には第一と第二までで大丈夫ですが、興味のある人は第十三までマスターしてみてください。

 

できれば、第一と第二を一日三回朝昼夕におこなうのがベストだと言われています。

朝にラジオ体操をすると、体がすっきり目覚め交感神経がスムーズに優位に切り替わります。

また、昼におこなうと家事や仕事で凝り固まった体がほぐれたり気分転換になりますね。

脂肪燃焼を消費するのが一番活発な夕方におこなうと、消費カロリーが高くなります。

このようにラジオ体操をやる時間帯によっても効果が違います。

 

一日三回もできないという人は、自分の無理のない時間帯にやるようにしましょう。

無理なくおこなうことで、ラジオ体操をする習慣をつけることができます。

体操は楽しんでやるのが一番です。

自分にあったやり方を見つけてみましょう。




ラジオ体操第一と第二の運動の説明とポイントが載っているPDFを載せておきますので、是非しっかり読み込み正しいやり方でラジオ体操をやっていってください。

https://pid.nhk.or.jp/event/taisou/img/radioweb.pdf

動画で練習したい人はこちらをご覧ください。

 まとめ

ラジオ体操第一と第二を毎日続けましょう。

足の先から指先までを意識して行うことで、より効果的に運動ができます。

しっかり行うと翌朝には筋肉痛になります。私は3日くらい筋肉痛がとれませんでした(笑)

朝昼夕の三回おこなうのがベストですが、無理のない範囲でおこなってください。

なにより継続する事が大切です。

自分のやりやすい時間帯や回数でおこないましょう。

目指せラジオ体操マスター♪




コメントを残す

*