Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

メルカリ専用の簡単なやり方!値下げ交渉された時の対処法と画像や内容の編集について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今や、メルカリを知らない人がないんじゃないかというくらい、メルカリが普及していますね。

スマホとPC両方に対応していることもあり、一度は利用したことがあるのではないでしょうか。

そんなメルカリですが、メルカリ出品者の中で独自ルールを提示している人が多くいますね。

メルカリ初心者の人のために、今回は「専用ページについて」や「値下げ交渉をされた時の対処方法」などをお伝えしていきます。

 メルカリの専用ページとは?

メルカリを利用している人は、メルカリの専用ページって見たことがあると思います。

商品を探していると、よく「専用」と書かれているページが出てきますよね。

タイトルや本文に「○○様専用」と書かれていたり、商品画像のところに「専用ページ」と書かれた画像を貼っている方もいて専用ページの作り方はさまざまです。

これらの、専用ページというのは、あらかじめ出品者に専用出品を申し出た人や、取り置きの場合他の人に買われないように出品者が専用にしている場合もあります。

また、何個も同じ商品を売りたい場合は、コメント欄で買いたいと言った方に対して専用ページに誘導する場合もあります。

メルカリは1つの出品に対して1販売なので、1個商品が売れたらその画面はSOLD OUTになって使えなくなります。

そのため、同じ商品を何個も売りたい人は個数分販売ページを作らないといけないのです。

コメント欄に買いたいとメッセージをもらってもSOLD OUTの画面になってしまうと、返信ができなくなってしまうため、専用ページにあらかじめ誘導しているというわけです。

出品者によって、専用ページの使い方が微妙に違いますが、共通して言えることは専用ページは、出品者に誘導された人しか購入してはいけないということです。



 メルカリの専用ページの作り方

メルカリの専用ページは特に作り方の決まりはないので、購入者に分かるように作れば大丈夫です。

基本的な作り方をご紹介します。

✔ タイトルに「〇〇様専用購入ページ/××××」

〇〇のところに、購入者の名前を入れます。

××××のところには、商品名を入れます。

✔ 商品紹介の本文最初注意書きを書く。

「※注意※こちらは〇〇様専用ページとなります。他の方はご購入しないようにしてください。」

強い言い方だと、下記のような文言で記載している出品者もいます。

トラブル防止のために書いているようです。

「〇〇様以外が購入された場合、発送いたしません。」

結構、挑戦的な言い方ですよね(笑)それくらい強く言わないと、違う人が購入してしまうんでしょうね。

私が専用出品しても、誘導した人しか購入したことがないので、そこまで強く書かなくても大丈夫だと思いますが、トラブルが続くようなら記載方法を考えた方が良さそうですね。

他の項目は、通常の出品と同じで大丈夫です。



 メルカリの専用ページのトラブル

前の項目でも少し触れたものもありますが、メルカリの専用ページでトラブルが多発しているようです。

具体的にあげていきますね。

 

✔ 専用ページに案内した人以外が購入した。

✔ 専用ページを作っていて購入を待っていたのにキャンセルされた。

✔ 専用ページを作り、商品を取り置きをしていたのに、いっこうに購入されない。

主に上記の3点が多い印象です。

 

”専用ページに案内した人以外が購入した”というのは一番多いのですが、これは出品者側にも問題がある可能性があります。

他のお客様からでも、はっきり「専用」とわかるように記載していない場合がそれに当てはまります。

また、お客様が「専用」という意味を理解していない場合も、購入されてしまうこともあります。

さらに、なんといってもメルカリでは「専用」というのは認めていないので、先に購入した人が優先という考えのため、強引に購入してくる人もいるのです。

 

「専用」というのは、マイルールで出品者が勝手に決めているルールなので、そこでトラブルがあってもメルカリの事務局はサポートしてくれません。

もし専用で取引きしたい場合は、自己責任でおこなうようにしてください。

メルカリには「コメントなし購入禁止」や「プロフィール必読」「いいね!不要」といったルールはありません。
お取引を円滑にする目的であっても、メルカリのシステムが対応していないお客さま独自のルールを強要することはトラブルの原因になることがあります。

引用:メルカリ公式ホームページ

メルカリではコメントの有無や順番に関わらず、最初に購入した方と取引する仕組みですので、専用出品によるトラブルはサポートすることができません。

引用:メルカリボックス




 メルカリで値下げ交渉をされた時の対処方法

メルカリでは、中古品の取り扱いが多いのと個人で出品していることが多いので、値下げ交渉をされることもあると思います。

どうしても自分が出した価格で購入してもらいたい場合の対処方法をお伝えします。

 

✔ 商品説明の本文の分かりやすい所に「値下げ不可」と記載しておく。

多少の値下げなら大丈夫という方は、「大幅な値下げ交渉は対応できません。」と一言、商品説明の欄に記載しておくのがいいですね。

1000円くらいで出品しているのに、「400円にしてくれ」とか「300円なら即決します!」と無茶をいう人が中にはいるんですよ。。

400円で送料込みの場合、こっちの利益はほとんどないから出品しないよ!と言いたくなります(笑)

 

✔ 「まとめ買いをしてくださる方のみ値下げしています。」とやんわり断る。

自分にもメリットがあるように、交渉をしてみるのも手ですね。

まとめ買いをするつもりがない人は、そこで引き下がりますし、まとめ買いを考えて下さる人ならこちらにもメリットがあるので、交渉にのってあげるのもありです。

 

✔ 「気持ち程度なら・・」と端数や数十円値引く。

購入希望の人からも「お気持ち程度で値下げしていただけませんか?」と聞かれる時があります。

こういう風に最初に言ってくる人は、ダメ元で聞いている人が大半なので値下げ交渉を断っても提示金額で買ってくれることがほとんどです。

気持ち程度なら値下げしてもいいかと思う人は、少しだけ引いてあげてください。




 出品画面の画像と内容の編集ついて

出品画面の画像は、必ず現品の写真を載せましょう。

どっかのサイトや公式ページの写真の方が綺麗だと思って、そっちを載せるのはNGです。

購入者は、現在の商品の状態を知りたいので状態がよくわかる写真を載せてください。

4枚載せられるので、4枚載せましょう。1枚だと商品情報が伝わりにくいです。

 

画像や内容は、出品中ならいくらでも編集ができます。

しかし、商品が売れたあとは編集ができませんので注意が必要です。

出品して売れ、「受取評価」が完了したのち2週間で削除できるようになるので、なんらかの理由で出品内容を見られたくないという人は2週間待ちましょう。

 

たまに、出品後に画像を編集すると検索結果に載らない場合があります。

まったく無関係のものを載せた場合(専用者用の画像など)検索結果に載らないこともあるようです。

それ以外は、タイムラグがあるので少し時間をおいて再度検索結果に載っているか確認するといいです。

スマホのアプリだと、閲覧数が表示されていると思います。(目のマーク)※PCはなし

その閲覧数が増えていれば検索結果に載り閲覧されているということなのでチェックしてみてくださいね。




 まとめ

メルカリでは、独自ルールが普通に行われているので戸惑う人もいると思います。

「専用出品」の他にも「コメントをしないと購入不可」とか「プロフ必読!」とか記載している人もいます。

基本的に、そういった出品者のマイルールはメルカリ事務局が認めていません。

なので先に購入したもの勝ちという所もありますが、出品者によっては取引してくれない人もいますので、気を付けてくださいね。

 

また、こういったフリマアプリは値下げ交渉が頻繁に行われます。

それが醍醐味だと思っている人も結構いるので、苦手な人は商品説明欄に先に「交渉不可」と記載しておきましょう。

私は、結構交渉されるのは大丈夫なのですが、中にはぶっきらぼうに「値下げできますか?」と一言だけコメントしてくる人もいます。

挨拶くらいしてほしいものですが、どうしても関わりたくない場合はスルーするのも1つの手です。

 

メルカリはたくさんの商品がありますので、自分が気に入った商品をスムーズに購入するためや、手放す商品を気持ちよく引き渡すために、出品者と購入者がマナーを守って利用していけるといいですね。

コメントを残す

*