Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

シンママのお金 補助金や助成は何がある?気になる手当について解説します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

シンママのお金 事情って気になりませんか?
”貧乏なのかな”
”キツキツな生活そう”
”生活保護を受けている人が多そう” という声も聞こえてきそうですね。
でも、意外とそうではないんですよ。必要に見合った補助を国や市町村がしてくれています。
低所得者でも、十分生活していけますので安心してくださいね。ここでは、私が受けている助成等についてお話ししていきます。

❶ ひとり親家庭等医療費助成

《対象者》
母子・父子家庭、養育者家庭の18歳に達する年度の3月末日までの子または20歳未満で
障害のある子とそれぞれの母または父もしくは養育者で所得制限に該当しない方。
※ひとり親家庭等医療費助成対象外の方
・国民健康保険または各社会保険等に加入していない子ども
・重度心身障害者医療費受給者
・生活保護またはそれに準ずる制度の受給者

《助成の対象となる医療費の範囲》
・医療機関で支払った入院および外来の保険診療一部負担金
・入院時の食事代の2分の1
※保険適用外の費用は助成の対象となりません。

このように書きましたが、医療費は市町村で全額負担していただいているので母子共に無料です。
私は持病があり、毎月病院にかかっているので、
医療費が自腹だったら、うちは毎月5000円~15000円位かかるので大助かり!
インフルエンザの予防接種などの保険適用外の費用は対象外なので、
自腹なのですがそれは年に1回(子どもは2回)なので痛くないですね。

❷ 児童手当

これはひとり親に限らないので、既に手当を受けている人が大半だと思いますが、
一応おさらいしておきましょう。

《対象者》
国内に住所を有する中学校修了前の児童(15歳到達後最初の年度末)を養育している者(以下「養育者」という)に支給されます。養育者とは、児童を監護し、生計を維持している方です。なお、別居している場合は同居している方が優先されます。(単身赴任者は除く)

《月々の手当額》

対象児童の年齢等 所得制限額未満 所得制限額以上
3歳未満 15,000円 5,000円
3歳以上小学校修了前
第1子、第2子
10,000円 5,000円
3歳以上小学校修了前
第3子以降
15,000円 5,000円
中学生 10,000円 5,000円

《扶養親族の所得制限額》

扶養親族数 所得制限額
0人 630万円
1人 668万円
2人 706万円
3人 744万円
4人 782万円

《支払い月》
毎年6月、10月、2月にそれぞれ前月分までが支払われます。

うちの子どもは4歳なので、月々10,000円が入ります。
4ヵ月分まとめて入るので40,000円ずつ入金されています。
こちらの手当は、手当をもらい始めてから一度も手を付けずに、娘名義の口座に貯金をしています。
娘の大学進学費用に充てる予定なので今は何があっても、この貯金は崩しません。

ひとり親だからといって、奨学金制度は利用させたくないと思っています。
子どもに借金を背負わせるのはしたくない、という考えですが、
それぞれ家庭によって考え方は違うので、奨学金制度を利用するのは良くないという訳ではありません。
ただ、私の考えでは大学までの学費やそれにかかる費用の負担は親がするべきだと思っています。
大学を卒業したら、扶養の義務は終わったと考え、
きっぱり自立してもらうつもりですので、それまで頑張ります!

➌ 児童扶養手当

児童手当と名前が似ているので、同じと勘違いされがちですが違います。
この補助は、私にとってはなくてはならないものです!
給与とこの補助金で生活をしています。

《対象者》
次のいずれかに該当し、18歳になった年の年度末までの児童(ただし、障がいを有する場合は20歳未満)を
養育している母(父)または養育者です。

  1. 父母が婚姻を解消した児童
  2. 父または母が死亡、または生死不明である児童
  3. 父または母が重度の障がいを有する児童
  4. 父または母が1年以上拘禁されている児童
  5. 父または母に1年以上遺棄されている児童
  6. 父または母が裁判所からのDV保護命令を受けた児童
  7. 婚姻によらないで生まれた児童

*なお、申請者が公的年金(遺族年金、障害年金等)を受給している場合でも、
年金の支給月額が児童扶養手当の支給月額より低い場合は、その差額分の児童扶養手当を受給することができます。

※ただし、次の場合は手当が受けられません。
・申請者や児童が日本国内に住所を有しない場合
・児童福祉施設(母子生活支援施設などは除く)に児童が入所している場合
・児童が父または母の配偶者(婚姻をしていない場合でも事実上の配偶者を含み、政令で定める障がいの状態にある者を除く)に
養育されている、もしくは生計を同じくしている場合

《手当額》

子どもの人数 月額(全部支給) 月額(一部支給)
 1人の場合  42,290円  42,280円~9,980円
 2人目加算額  9,990円  9,980円~5,000円
 3人目以降加算額  5,990円(1人につき)  5,980円~3,000円(1人につき)

《支給月》
4月(12~3月分)、8月(4~7月分)、12月(8~11月分)

《所得制限額》
申請者やその配偶者、及び同居等で生計を同じくしている
扶養義務者(申請者の直系血族、兄弟姉妹)の所得により、手当の支給に制限があります。(下表の通り)

※なお表で示している所得とは、収入から必要経費(給与所得控除等)の控除を行い、養育費の8割相当額を加算した額となります。控除については、一律控除(8万円)のほか、諸控除が受けられる場合があります。

扶養人数 申請者(全部支給) 申請者(一部支給) 養育者
0     190,000円  1,920,000円  2,360,000円
1     570,000円  2,300,000円  2,740,000円
2     950,000円  2,680,000円  3,120,000円
3  1,330,000円  3,060,000円  3,500,000円
4  1,710,000円  3,440,000円  3,880,000円

うちはいくら”児童扶養手当”をもらっているかと言うと、ずばり!24,550円です。
全部支給だと42,290円もらえるのですが、私は一部支給で、支給停止額は17,740円となっています。
前年の所得から支給額を計算します。
私は離婚する前、在宅で副業をしていた事もあり、全部支給とはなりませんでした。

でも25,000円近く毎月貰えるのは本当に助かります!!
児童手当と同様に4ヵ月ごとに支給されるので、
私は、支給月になると98,200円が口座に入金される事になります。
ボーナスみたいで嬉しいです♪

主に補助を受けているのはこの3点ですね!
あとは、保育園なんかも収入によって保育料が決まります。
シングルマザーは無料で保育を受けられたりする場合もありますが、
私は毎月4,800円+1300円(給食・おやつ代)を支払っています。
これでもすごく安いですよね。

離婚前は幼稚園に入れていたのですが、
入園金に10万円以上払い、用品や制服に多々お金を使っていましたし、
毎月の保育料は3万円位支払っていました。
さらに別途で給食代1食320円かかっていました。
それに比べたら保育園の保育料は格安です!
毎日の給食とおやつで(手作り)、給食費が月1300円って安すぎですよね(笑)
シンママにとっては救世主です♪

あと、JRの定期券の補助も受けられます。
無料なので、通勤通学に電車を使う人は助かりますよね!


❷と➌の手当を受給したら、気づくと2ヶ月に1回、手当を受けている状態です。

2月 (児童手当 40,000円)
4月 (児童扶養手当 98,200円) 
6月 (児童手当 40,000円) 
8月 (児童扶養手当 98,200円)
10月 (児童手当 40,000円)
12月 (児童扶養手当 98,200円)

このように、シングルマザーになると大変な面もありますが、
国や市町村の補助で助けてもらっている事が沢山あります。
市町村によっては、住宅補助が受けられたり、水道代免除になったり、他にも補助がありますので、
離婚後住まいが決まっていない家庭は、ひとり親家庭の補助が充実している市町村へ引っ越すのも1つの手ですね!
私は、実家や姉妹の近くで暮らしたかったので、あまりそのあたりは視野に入れていませんでしたが、
今の生活で十分暮らしていけます。

厚生労働省が『ひとり親家庭等の支援について』を出していますので、
是非参考にしてみてください。
http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11900000-Koyoukintoujidoukateikyoku/0000100019.pdf

『母子家庭の母及び父子家庭の父の就業の支援に関する特別措置法について』
http://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/kodomo/kodomo_kosodate/boshi-katei/dl/130301_02.pdf

『ひとり親家庭等日常生活支援事業について 』
http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11900000-Koyoukintoujidoukateikyoku/0000098026.pdf

『ひとり親家庭支援の手引き』
http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-11900000-Koyoukintoujidoukateikyoku/0000125850.pdf

コメントを残す

*