Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

Child

子供服のお下がりいらない派と欲しい派の本音!迷惑?断り方と処分やお礼についても

子供服はすぐにサイズアウトしてしまうので、お下がりを仲のいいママ友や近所の人、親戚にあげることがあると思います。

あげる方ももらう方も気をつかう、この子供服おさがりを譲る・もらう行為。

そこで20歳代~40歳代の主婦50名に独自にアンケートを取り、子ども服のお下がりはいる派かいらない派の本音を聞きました。

あわせて、みんなのお下がりの断り方や処分方法、お礼についてもまとめましたので参考にしてください。
続きを読む

新生児蚊取り線香の煙は大丈夫?蚊に刺される前に安全虫よけ対策!ペットも

新生児やペットがいる家庭では、蚊取り線香を使用しても大丈夫なのか気になるところですよね。

蚊取り線香は人体には影響がないので、赤ちゃんやペットの手の届かないところに置いておけば大丈夫なんです。

今回は深堀りして、蚊取り線香の成分についてと安全な虫よけ対策方法についてお話ししていきます。

小さいお子さんがいる家庭は、じっくりご覧ください。

続きを読む

子ども食堂 とは?目的や問題点から値段やメニューまで徹底解説!

『 子ども食堂 』というは言葉は知っていますか?

子ども食堂というと、子どもが運営している食堂ともとれるネーミングですが、そうではありません。

”地域の子どもに無料、もしくは安く食事を提供する施設”です。

ひとり親の子どもが、一人で寂しく食事をとらないように、また貧困家庭の子どもに栄養バランスのとれた十分な食事を提供するために活動しています。

また子ども食堂は単なる子どもに食事を提供する施設としての機能ではなく、子どもの居場所になるような工夫もしているようです。

現在、全国で2200ヶ所以上あるとされており今後さらに増えていきそうです。

これからもっと注目を浴びていきそうな”子ども食堂”について、徹底解説していきます。

続きを読む

世のパパへ: 育児疲れ ・ 子育て疲れ を理解してくれ!365日24時間休める時がないんです。

育児疲れや子育て疲れで毎日へとへとなお母さんの気持ちを代弁した記事です。
育児疲れに理解がないすべての人に読んでもらいたいです。
毎日毎日、来る日も来る日も、お世話お世話お世話…。
『子どもは望んで産んだ。可愛いし大切。』
でも、奥さんにもやりたい事があるし、休みたいし、好きなだけ寝たいという気持ちを押し殺して毎日子育てをしています。
イライラして子どもに当たって自己嫌悪になったり、疲れすぎて気持ちが鬱々して何もやる気が起きなかったり、そんな日々を繰り返しながらここにいます。世のパパ、ひとまず目の前にいるママを3時間でいいからぐっすり寝かせてあげてください。
休日は、子どもの面倒を見てください。おむつを替えるだけでもいいです。食事の介助だけでもいいです。
なんでもいいから出来る所から手伝ってください。そして邪魔だけはしないでください。

▶▶ 育児疲れ・子育て疲れってなんだ?!

イクメンという言葉が流行り、子育てに積極的になったパパもいますが、
まだまだ子育てについて”本当の意味で”理解していないパパが多くいます。
育児は戦争です。
赤ちゃんは、何にもしなくてもずっと寝てると思っていませんか?

赤ちゃんはそう簡単に寝ません。(個人差はありますが。)
うちの子どもは赤ちゃんの頃、一日中起きてるんじゃ?!と思うくらい寝ませんでした。
泣く⇒あやす⇒ウトウトする⇒布団に寝かそうとする⇒泣く
のエンドレス(笑)それが一日中!

正確には赤ちゃんは授乳中に寝ながら飲んでいたりするので、こまごまと睡眠をとっていたのですが、
私も一緒に寝るわけにはいきませんから、私はまともに寝れない日々が続きました。
そして、夫は毎日朝6時に出勤し、帰りは0時を過ぎるので、毎日一人で育児。
睡眠不足の状態で、育児・家事+孤独。
私は例外ではなく、世の中のママはみんなそうなのです。

『俺だって、仕事で疲れてるんだよ!』
『理不尽な事を言われても頭下げてんの!!』
『ずっと、家にいるんだから疲れるわけないだろ!』
なんて自分の奥さんに対して思った事はありませんか?
毎日、「疲れた、疲れた」と連発している奥さんを見て、「俺の方が疲れてるんだから食事くらい早く用意しろ!」って思っていませんか?

あなたが疲れているのは、分かっています。百も承知です。
でもあなたの疲れとは次元が違うのです。

▶▶ 仕事疲れと育児疲れの違い

【 仕事疲れ 】
自分のやるべき役割を全うしなければならない。与えられた仕事ややるべき仕事を段取り良くこなす必要があり、時間に追われる。
自分の事だけではなく周囲の人間との調和が求められ、後輩指導をしたり昇進すればするほど責任が重くなる。
仕事の重圧に対してストレスを感じる。
ミスをすれば怒られ、理不尽な事があったり自分に非がなくても謝らないといけない事もある。

【 育児疲れ 】
一日中、自分の時間がない。
自分の時間がないというのは、自由な時間がないという事ではない。(もちろん自由な時間もない。)
自分の時間がないというのは、こういう事です。
・トイレは子どもがついてくるので1人で入れない。
(お腹が痛い時でも、容赦なく子どもが後追いして来たり、トイレに侵入してくる。鍵を閉めてもトイレの前でずっと泣いている。)
・1人でゆっくりご飯を食べる時間がない。子どもを授乳しながらか、もしくは急いで流し込む。
(おかげで早食いが得意になる。)
・常に、子どもをみている必要がある。特に乳児の場合は一瞬でも目を離した隙に危険な事をしている事が多い。
(スマホを見れるのは子どもを授乳している時だけ。授乳の時のスマホはよくないのは分かっているけど、少しでも外との繋がりが欲しくなる。)
・寝られない。寝かしつけてから早ければ数分で赤ちゃんが目覚めるので、自分の寝るや休む時間がない。
(自分が眠くない時に限って、長く寝たりする。逆に自分が眠たい時は一切寝てくれない。夜も同様。)
・肉体的に疲れる。
(座って抱っこだと泣き止まないので、毎回立ち抱っこになる。腕・肩・腰が疲れて慢性的に痛む。)
・外出すれば、子どもが車の中で永遠に泣いている。
(外面はよく、車から降りると周囲の人間に愛想よく、すぐ寝たりする。家に帰って、ほっと一息つきたい時に起きて泣く。)

育児疲れの方は、書ききれない程あるのですが、こんな感じで仕事疲れと育児疲れでは疲れの種類が違いますね。
仕事疲れの方は、仕事自体は疲れるしプレッシャーもあり大変ですが、自分がやりたいと思った時にやりたい事がやれますよね?
分かりづらいと思うので、具体的に説明します。

【夫】
さて、今日はこの業務から始めるか~。
【妻】
さて、今日は天気もいいし今から洗濯物を干そうかな~。
「え~ん、え~ん!!」←子どもの泣き声
子どもをあやしに行き、結局雨が降り始め洗濯物が干せなかった。

【夫】
そろそろお昼だし、ご飯でも買いに行って食べるか~。
【妻】
お腹すいたけど、子どもが授乳しながら寝てるから、ご飯作れないし買いに行けない。
「ぐ~。」←お腹のなる音
こういう時に限って起きない。起こしたくないから微動だにしたくない。

【夫】
こんな時間だし、仕事切り上げるか~。今日も残業だったな。家でゆっくり寝るか。
【妻】
そろそろ夫も帰って来るし、夕飯の準備しなきゃ。。
「ぶりぶりぶりーー!」←赤ちゃん排便する
赤ちゃんのおむつを取り替えて、さてやるかと思ったらまた泣く。赤ちゃんもお腹すいているみたいだから離乳食作らなきゃ。
そして、食べさせる。⇒赤ちゃん離乳食をぐちゃぐちゃにして遊び食べ。⇒片づける⇒ママげっそり。夕食作る気力皆無。

このように、ママは自分のやりたいタイミングで物事を進める事ができません。
全て子ども優先で、自分の気持ちは後回し。
それが、365日24時間続いているわけですから、疲れますよね。これが育児・子育て疲れと言います。
肉体的な疲れ+精神的な疲れの度合いが半端ないのです。

▶▶ ママがパパにしてほしい事

① 子育てを私に任せきりにしないでください。
「手伝うよ」って言わないでほしい。その言葉でカチンときているママもいます。
どういう意味か分からないあなたは、注意です!
ママは、手伝うんじゃなくてあなたに能動的に動いてほしいのです。
あなたの子どもなのだから、手伝うというスタンスではなく積極的に子育てに参入してほしいのです。

② ”頑張ったね”ってぎゅってしてほしい。
終わりの見えない育児で途方に暮れています。
毎日1人で育児に向かって頑張っている事を認めてほしい。
「今日、誰とも話してないな…。」という日が積み重なり、ストレスMaxなママを抱きしめてあげてください。

 
下記の記事を見て笑って疲れを吹き飛ばしましょう!
[clink url=”http://sinmama123.com/child/funny-story/”]