Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

バナナ のシュガースポットの栄養や効能が実はスゴイ!茶色の斑点が出た時は食べごろ?!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を簡単にいうと・・・

✔ バナナは日常生活で不足しがちな栄養素が豊富

✔ バナナはヘルシーフルーツ

✔ シュガースポットとは皮にできる茶色い斑点のこと

バナナ は、” 安い、栄養豊富、腹持ちがいい ”の良い所が3拍子そろった、数少ない果物です。
手軽に栄養補給ができるので、特に子どもがいる家庭は常にバナナが食卓にあると思います。
うちの子どもはすぐに「お腹すいたー!」と言ってくるので、バナナがないと不安なくらいです(笑)
そんな手軽に食べられるバナナですが、どんな栄養が摂れるか知っていましたか?
実際に、バナナの効能を知りながら食べるのと知らずに食べるのだと気分が違いますよね。
今回は、みなさんが知らないバナナの世界をご紹介します。
またシュガースポット(バナナの皮にできる茶色い斑点)についての、正しい知識を知り、バナナの選び方やおいしい食べ方も知っていきましょう。

▶バナナのカロリー

バナナは、ダイエットやストレス、美容にいい食べ物って知っていましたか?
ねっとりして甘いバナナは、カロリーが高いと思われがちですが実は、低カロリーなんです!
バナナ1本(100g)約85kcalなので、ごはん1膳(140g)が約235kcalと比べると1/3のカロリーということがわかります。
栄養豊富で低カロリーということから、ダイエット中にバナナをうまく取り入れている人も多いです。

▶バナナの栄養価と効能

バナナは栄養バランスがよく、人間が不足しがちな栄養素が豊富に入っているので、万能くだものと言えるでしょう。

たんぱく質 1.1g         ⇒  血や肉になるもの、エネルギー源
カリウム 360mg    ⇒  免疫機能を調整、むくみ予防
マグネシウム 32mg  ⇒  骨をつくる、動脈硬化を防ぐ
ビタミンB1 0.05mg ⇒  疲労回復、むくみ予防
ビタミンB2 0.04mg ⇒  肌や粘膜の健康を保つ
ビタミンB6 0.38mg ⇒  血圧を下げる、貧血予防
ナイアシン 0.7mg  ⇒  腸の健康を保つ、便秘予防
葉酸 26mg              ⇒  貧血防止
食物繊維 1.1g          ⇒  便秘予防
ポリフェノール 1.1g ⇒  冷え性解消、ストレス耐性
セロトニン 10mg     ⇒  冷え性解消、ストレス耐性

▶バナナの美容と健康のくだもの

上記の表のとおり、バナナにはビタミンが豊富に含まれています。
ビタミンと言ったら美容にとても効果的ですよね!
バナナを食べて内面から美しくなりましょう。

ビタミンB2は、肌や髪を健康的にする働きがあります。
つるつるすべすべな肌や髪の毛を目指している人は欠かせない食べ物ですね。

ポリフェノールは、身体の酸化を防ぐ役割があります。
バナナの他にも赤ワインやぶどうジュースなど赤い飲み物に豊富に入っていますいますが、ジュースはワインが苦手な人はバナナからも摂れるのでオススメです。
私はお酒は飲めないしジュースも糖分が気になって控えているので、もっぱらバナナに頼っています。
酸化はしたくないーーーー!笑

そして、バナナにはセロトニンが入っています。
セロトニンは、下記の記事でも説明していますが『幸せホルモン』といって人間をストレスから守ってくれている重要なホルモンです。
それがバナナにも入っているから驚き!
シンママでストレスを抱えがちな私なので、これから毎日朝バナナをしようと思います!

排卵期の症状 背中痛 や首痛が辛い人へ

▶シュガースポットとは

バナナの熟成が進むと、皮に茶色い斑点がでてきますよね。
それをシュガースポットといいます。
名前の通り、砂糖のように甘い箇所という意味です。
決して痛んでいるわけではないので注意!

・シュガー=砂糖のように甘い
・スポット=箇所

▶シュガースポットの効果とバナナの食べ頃

シュガースポットができているバナナを食べると、免疫力が上がると言われています。
免疫力は簡単にいうと、自然治癒力です。自然治癒力が上がると、風邪をひきにくくなりますね。
体内にウイルスが侵入しても、病気にならないのです。

では、免疫力が上がるとはどのくらい上がるのでしょうか?
シュガースポットのないバナナとシュガースポットができたバナナを比べると、
なんと8倍もの差があるのです!随分差が大きいですよね。
ということで、免疫力を高めたい人はシュガースポットができた時が食べ頃ということになります。

ただ、”若くて固めなバナナの方が好き!”という人も中にはいますよね。
私も固めのバナナの方が好きな方です!
少し青いくらいのバナナが好みという人は、”栄養が少ないの?”と思う人もいるかと思いますが、そうではありません。
青いバナナは青いバナナでメリットがあるのです。

青いバナナには、食物繊維と同じような働きをする『レジスタントスターチ』という物質が豊富です。
食物繊維というと、腸を整える働きがあるので便秘解消を目的とする人は青いバナナが食べ頃です。

青くもなく、シュガースポットの出る前の黄色いバナナが一番好き!という人は、一番多いかと思います。
黄色いバナナは、バランスよく栄養素が含まれています。
追熟段階で、皮が黄色い時が一番栄養価が豊富に含まれている時なので、バランスよく栄養補給をしたい人は黄色いバナナが食べ頃です。

私は、子どもには成長期なので黄色いバナナを食べさせ、自分は風邪をひきやすいので免疫力を上げたくてシュガースポットが出るまで追熟させて食べています。
なにを目的にして食べるのかによって、追熟度合いを調整すると、より効果的にバナナを食べることができるでしょう。

▶さいごに

身近にあるバナナが、こんなにも栄養豊富だったとは驚きですよね。

朝、バナナを食べることを習慣にすると、便通がよくなりお腹がすっきりします。
また、バナナの糖質によって血糖値を上げることによって、朝から活動的に行動することができます。

今まで何気なく食べていたバナナを、少し意識するだけで体の変化を実感することができるでしょう。
明日からは、毎日バナナ習慣を身に付けて健康な心身を作っていきましょう!

コメントを残す

*